suolo(スオーロ)特集

2019.06.07
suolo(スオーロ)特集




                             SUOLO CONCEPT

           わたした ちの根っ子のさきにあるもの、それは「身近に園(えん)を描きたい」、庭園、菜園、農園…。
                 単純に流れみたいなものではない、大げさに農耕民族の血なんてものでも ない。
                     ただ、大体の先が見えてきた今だからそちらに向いただけ。
             この必然に、あとは土に触れるきっかけだけ、そのきっかけが一つの道 具からってこともある。


                     はじめてラバーブーツが土に沈み、その土の成分を学ぶ、
                       お気に入りの鋏が届けば、 剪定作業にも熱が入る、
                 雨が降り出せばゴアテックスのフードをかぶり、収穫をやめて読書にふける。
                   知らず知らず先代の知恵 を身につけ、暦を五感でとらえるようになる。
                     これなら堅苦しい日本人論も無理なく現代人の肌になじむ。
                       そ して、多くの縁(えん)が生まれれば大収穫。

                      SUOLOは、道具としてのバッグを提案しています。


NAME : CROP

suolo(スオーロ) CROP


                    ブランドのアイコンになるベストセラーモデルの「CROP(クロップ)」。

                    ヴィン テージの果実収穫用バッグをモチーフにしたトートバッグは、
                    帆布×レザーのコンビネーションと“可変”できるアイデアが特徴です。
                     帆布製品ならではの経年変化=エイジングも大きな魅力のひとつ。

                    レギュラー・ミドル・ミニの3種類からお好みのサイズをお選びください。

suolo(スオーロ) CROP middlesuolo(スオーロ) CROP middlesuolo(スオーロ) CROP middle
          「CROP middle」  <07:grege> <09: brick> <28:navy> <03:black> <02:white> <43:khaki

NAME : NAPPASAC

suolo(スオーロ) NAPPASAC


                    CROPに次ぐロングセラーモデルが「NAPPASAC(ナッパサック)」。

                    農作業や山仕 事で使われる“背負いかご”をモチーフに、
                    巾着のライニングを加えたナップサックをアレンジしました。
                    開口部を可 変できるアイデアと、所々のレザーバーがsuoloらしいポイント。

                    レトロなニュアンスにつながる、円筒形のヴィジュアルにも注目です。

suolo(スオーロ) NAPPASACsuolo(スオーロ) NAPPASACsuolo(スオーロ) NAPPASAC
                 「NAPPASAC」  <07:grege> <09:brick> <28:navy> <03:black

NAME : BELL

suolo(スオーロ) BELL


               キャリア初の試みになる“サコッシュバッグ”=「BELL(ベル)」。

               小型・薄マチ・軽量のナイロンバッグがイメージされる中、
               先行モデルと共通するディテールを盛り込みました。

               バイオウォッシュ加工した6号帆布のタフな質感×栃木レザーのコンビで重厚さを提案。
               間仕切りを増やしたライニングまで、お手軽なサコッシュにはないアイデアをご覧いただけます。

suolo(スオーロ) BELLsuolo(スオーロ) BELLsuolo(スオーロ) BELL
                  「BELL」  <41:khaki> <74:gold> <48:green> <03:black

NAME : ARROW

suolo(スオーロ) ARROW


                    ボディバッグでは初のリリースになる「ARROW(アロー)」。
                    ユニークなヴィジュアルにまず目を奪われます。

                    トラベルポーチを思わせるフォルムをベースにしつつ、
                    頑丈な“サドルベルト”のストラップが印象的です。

                    スポンジのような姫路レザーとハードな栃木レザーはここでも健在。
                    重厚なレザーバッグを愛嬌のあるスタイルで仕上げました。

suolo(スオーロ) ARROWsuolo(スオーロ) ARROWsuolo(スオーロ) ARROW
                  「ARROW leather」  <41:khaki> <74:gold> <48:green> <03:black

NAME : GRAB

suolo(スオーロ) GRAB


                    小ぶりなショルダータイプで反響を集めている「GRAB(グラブ)」。

                    ヨーロッパ で古くから用いられていた“ハンティングショルダー”をアレンジ。
                    ヴィンテージやミリタリーに見られる「丸み」を巧みに表しています。

                     レザーバーをギボシボタンに差し込むのは、suolo共通のディテール。
                    6号帆布×バイオウォッシュ加工での、タフな風合いやアタリの 出方もお楽しみください。

suolo(スオーロ) GRABsuolo(スオーロ) GRABsuolo(スオーロ) GRAB
                      「GRAB」  <41:khaki> <74:gold> <03:black

NAME : KID

suolo(スオーロ) KID


                    ミニショルダーとしてラインナップに定着している「KID(キッド)」。
                    “ヒツジ”の 通り、先行の「NOMAD(ノマド)」に寄り添うモデルになります。

                    スポンジのような姫路レザーとハードな栃木レザーは、
                     使い始めから肌馴染みの良さを覚えるゴールデンコンビ。

                    間仕切りの多さから来る抜群な収納性もうれしい限りです。

suolo(スオーロ) KIDsuolo(スオーロ) KIDsuolo(スオーロ) KID

                      「KID leather」  <75:camel> <79:choco> <03:black

Aging Canvas&Leather

suolo(スオーロ)


                    キャンバスやレザーは“エイジング=経年変化”も大きな魅力です。

                    天然素材な らではの自然な色落ちやアタリの様子は、
                    ご自身だけが手に入れられる唯ひとつのもの。

                    「道具としてのバッグ」 をうたうsuoloは、気兼ねなく使うことで
                    “マイ・ヴィンテージ”を得られる、そんな楽しみを提案します。

suolo(スオーロ)suolo(スオーロ)suolo(スオーロ)
suolo(スオーロ)suolo(スオーロ)suolo(ス

オーロ)

商品一覧へ