New Brand “STUDEBAKER METALS”

2016.07.11 / アイテム

STUDEBAKER METALS(スタッドベイカー) ツイストカフ

New Brand “STUDEBAKER METALS”

 

 

 

新しいブランド、「STUDEBAKER METALS(スタッドベイカー)」をご紹介します。

 

 

 

ここ数日、開店時間後半での来客が相次いでいたことで、

延び延びになっていました↑のニューカマー・インフォメーション。

ご利用(時間)は計画的にと、彼らには伝えておければと。。

 

 

ようやくのピックアップな反面、熱いテンションが分断されていた手前、

ブログの内容が散漫になる恐れもあります。

 

セール期間中だけに、とかくのんびりとしたリズムが保てないもの。

 

いつもの調子に近づけるよう、リハビリがてらお送りすることにします。

 

 

 

 

 

STUDEBAKER METALS(スタッドベイカー)

 

 

 

 

ブランドの個別ページにあるように、アメリカ・ピッバーグ生まれになるコチラ。

当店では数少ないMADE IN U.S.A.が出自になるブランドです。

 

 

『ピッバーグと言えばパイレーツ』と言えるほど、

MLSはおろかMLBであっても全く詳しくない自分ですが、

唯一知っている事柄と言えば、かつての“鉄鋼・製鉄の街”だということ。

 

今では往時のことのようで、だいぶその様子は薄まっているようですが、

そんなバッググラウンドがうっすら見え隠れするSTUDEBAKER METALS。

 

 

同名の自動車メーカーもその昔にあり、クラシックカー界隈では

人気のようですが、同じ呼び名だと混同しやすいこともあるので、

“スタッドベイカー”と言うことで以降呼んでおくことにします。

 

 

 

 

 

STUDEBAKER METALS(スタッドベイカー) ツイストカフ(ブラス)

“STUDEBAKER CUFF(TWISTED CUFF) AMERICAN BRASS”

 

 

 

単なるバングルではなく、“ツイストカフ”を銘打たれているように、

『ヒネリ』がデザイン面での大きな特徴になるコチラ。

 

“スタッドベイカーカフ”と併記したのは、ブランドの代表作に当たるからです。

 

 

商品ページに「Hand-Forged」とあるように、

ハンマーで金属をたたき上げて型にしてから、諸々にアレンジする製法。

大量生産の既製品にない、オールドファッションなやり方です。

 

工芸品・クラフトの薫りがほのかに漂い、微妙な個体差も出てくるバングル。

 

ヴィンテージ・アンティークに通じる雰囲気は、

グッと来る方も多いんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

STUDEBAKER METALS(スタッドベイカー) ツイストカフ(シルバー)

“STUDEBAKER CUFF(TWISTED CUFF) STERLING SILVER”

 

 

 

↑それぞれをご覧頂いて思うことでしょう、

『コレ、いささか“くすんで”いやしませんか?』という見た目。

勘が鋭くいらっしゃいます。

 

 

 

早々に金属が酸化して、くすむ・曇っているわけでは決してなく、

作り手のマイケルさん達が文字通り打ち出している、

 

Work Patina

 

によるものです。

 

 

アクセサリーに使われる金属であれば、劣化を防いだり見映えを良くする

ポリッシュやコーティングを施すのが、本来のやり方。

 

レギュラーの製法をあえて省くことで、変色やキズの積み重ねを楽しめる、

“エイジング”の妙を味わえるようになっています。

 

 

デニムやキャンバスアイテムに通じる『マイ・ヴィンテージ』感。

これこそスタッドベイカーの魅力なり、と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

STUDEBAKER METALS(スタッドベイカー) ツイストカフ

 

 

 

 

昨今、インディアン系?ジュエリー(すいません、疎くて・・)が

大流行りなのは知ってますが、どうも私なんかとは気質が合わず、

遠い目で眺めていました。

 

石とか付いてなくて良いんで、シンプルなヴィジュアルで、

ゴテっとした主張じゃなく、あくまでさりげないモノで。。

 

完全に盲点。

 

アメリカの良心ならぬ『良品』を見逃しておりました。

 

 

 

 

自分も20年来、別ブランドですが雰囲気が比較的近い、

同傾向のバングルを愛用しています。

 

 

ハンマーたたき上げ系?の良いところは、華奢なジュエリーとは真逆の、

“武骨な男らしさ”に通じる部分に、共感頂けるんだと思います。

 

ただ男一辺倒ばかりだと、暑苦しいことこの上ない。

そこは肩の力を抜いて頂き、余裕を持った装い方でスマートに。

 

 

個人的にはアイアンワーク(日本だとロートアイアンですかね)に通じる

“インダストリアル”感を強く覚えて、ユーロアイテムとの相性の良さを

勝手に思い描いています。

 

 

 

手元を飾るアクセントにひとつに、候補に挙げてみてください。

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

SALE(セール)/OUTLET(アウトレット)

 

 

 

しばらくこちらのバナーを掲載しときます。

会員の方はログインをお忘れなく

 

online-shopのトップからもご覧頂けますので、のぞいてみてください。

 

 

CATEGORY: アイテム