FilMelange “PAOLO”

2015.03.31 / アイテム

FilMelange(フィルメランジェ) 「PAOLO」イージーパンツ(メランジェ)

FilMelange “PAOLO”

 

 

 

FilMelangeの「PAOLO」をご紹介します。

 

 

 

なるべく同じブランドでの投稿が連投しないよう、心がけてはいるのですが、

アップしてからの反響の多さを見るにつけ、

『早く紹介しとかないとなくなっている』

という不確かな直感から、そそくさとご案内する本日のブログ。

 

ということでの新作=パオロになります。

 

 

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ) 「PAOLO」イージーパンツ(メランジェ)

 

 

 

 

ここ数年、裏毛やジャージ生地(スポーツ寄りの方)等々、

機能的に優れたファブリックを使っている、

ボトムス+αの提案を良く見かけます。

 

曰く、“ワンマイルウェア”というやつでしょうか。

 

 

こちらのPAOLOも文脈的にはその辺りに近そうでして、

家でくつろぐホームウェアと、外出時にも使えるタウンウェアの

性格を合わせ持った感じだと思います。

 

(まぁ元々FilMelangeはそういう気質なんですが・・)

 

 

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ) 「PAOLO」イージーパンツ(メランジェ)

 

 

 

 

『イージーパンツ』とうたってはいるものの、↑をご覧頂く限り、

テーパードをグッと効かせた細身のシルエットになりまして、

今までのラインナップでは見られていなかったこともあり、

FilMelangeのルックブックの方でも頻繁に取り上げられてました。

 

 

リラックスしたはき心地と、スリムなシルエットを両立させたボトムス、

新鮮味を持ってご覧頂けるんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ) 「PAOLO」イージーパンツ(メランジェ)

 

 

 

 

商品説明の中でも触れています、“リンクス編み”なる生地の拡大図。

 

 

編み目を交互に使う事で、デコボコとした質感が表裏に現れます。

ローゲージのざっくりとしたニットで用いられることが多いようなんですが、

細い糸をで編み立てている事で、なんとなく「鹿の子」地を思わせる風合いに。

 

鹿の子と違いタテヨコに伸縮が生まれるのと、

ざらつきのない手触り感は、文中にあるように、

 

真夏にもストレスを感じさせないはき心地

 

につながるとあって、今シーズンのラインナップでも、

かなりプッシュしている素材になります。

 

 

裏毛生地のような厚みや重さもなく、かと言って鹿の子のような薄さや透け感もない。

シルエットの良さも相まって、自分も良い印象を抱きました。

 

 

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ) 「PAOLO」イージーパンツ(メランジェ)

 

 

 

 

イージーパンツの体裁を取っているだけに、ディテールではヒネらず、

比較的シンプルにまとめているPAOLO。

 

 

ポケット口のスナップボタンなどは、スポーティなスウェットパンツ感を

彷彿とさせますが、パッチではなくセットイン型でのポケットということで、

カジュアルに振れすぎていない点に、好感を持っています。

 

 

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ) 「PAOLO」イージーパンツ(メランジェ)

 

 

 

 

論より証拠・見るよりはいてということで、撮影画像から抜粋。

 

 

数日前に更新したコーディネイトページで、チラッと出ていますので、

このあと全容をご覧ください。

 

スウェットパンツの代替として、がイメージしやすいとは思いますが、

個人的にはスラックス代わりにキレイに合わせてみたい願望も。

 

在庫があるうちにチャレンジしたいとは思いますが、

その結末はいかに...

 

 

 

 

ということでざざっとお送りしていきました、

FilMelangeの新作ボトムス=PAOLO。

 

ボトムス(ロング)に限れば裏毛素材が多くを占める中、

素材やデザイン・シルエットを変えることで、

今までとは違った印象を覚えて頂けるのではないでしょうか?

 

 

今季のコレクションでも、代表的な素材を使ったラインナップだと思います。

ぜひ一度ご覧になってみてください。

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム