Style&Cordinate Vol.140

 

EEL(イール) Wind Riders(ベージュ)

 

  • EEL(イール) Wind Riders(ベージュ)knitchy(ニッチー)プレーティング フットボールTシャツ(グレー)FilMelange(フィルメランジェ)「DIZZY」 ポケットTシャツ(ネイビーメランジェ)EURO LEVI'S(ユーロ リーバイス)501FilMelange(フィルメランジェ) 「PAOLO」イージーパンツ(メランジェ)spring court(スプリングコート)G2 ローカット キャンバススニーカー(ホワイト)MANIERA (マニエラ) リネン メッシュ セレブキャップ(ネイビー)MANIERA (マニエラ) リネン プレイキャップ(杢グレー)

 

“Style&Cordinate Vol.140

 

 

 

EELの「Wind Riders」。

 

 

 

ここ数年の自分の制服=日々の装いですが、

Acer」&「Thea」のデニムを愛用していることもあり、

トップスにブルゾンの類いを着ていることが、

圧倒的に多いように感じています。

 

 

 

自分の場合は室内であっても、着こなしの一環として、

あるいは防寒の意も込めたスタイリングに落ち着くわけですが、

おそらく高校の時からそんな感じだったのを振り返るにつけ、

心持ち安心感を覚えるモノがブルゾンだったかもしれません。

 

 

基本的には5ポケットパンツとのセットになっていきますが、

シャツやカットソーでのインナー具合によって、

幾分印象が変わります。

 

合わせて、ブルゾンそのものをシャツ代わりといった、

“インナー対応”として使うのも、ここ数年で私的にも定着してきました。

 

 

 

 

 

 

EEL(イール) Wind Riders(ベージュ)

Left :Style&Cordinate Vol.137     Right :Style&Cordinate Vol.138

 

 

 

ライダース型の良いところは、デザインそのものに余計な部分がないため、

単品アウターとしてはもちろんのこと、

ごちゃごちゃ?組み合わせても、襟周りがうるさくならないところが魅力です。

 

 

ここでは触れきれていませんが、こちらのWind Riders、

ダブルジップの仕様ということもあり、ジップの閉め具合・開け方で

また受ける印象も変わってきそうです。

 

 

 

 

 

 

Style&Cordinate Vol.136

“Style&Cordinate Vol.136”

 

 

 

ここまでは比較的、キレイなニュアンス(こういう言い方で良いのでしょうか?)でしたので、

以下はヴィジュアルチェンジ。

 

 

帽子被っただけ、というわけではなく、

カジュアル色を強めたスタイリングということで、ご理解頂ければと。

 

イージーパンツとのコーディネイトなどは、

個人的にも新鮮味があって、結構気に入っています。

 

 

 

 

 

 

EEL(イール) Wind Riders(ベージュ)

 

 

 

 

 

 

 

EEL(イール) Wind Riders(ベージュ)

 

 

 

 

【TOPS】・EEL(イール) Wind Riders(ベージュ)

【TOPS】・knitchy(ニッチー)プレーティング フットボールTシャツ(グレー)

【TOPS】・FilMelange(フィルメランジェ)「DIZZY」 ポケットTシャツ(ネイビーメランジェ)

【BOTTOMS】・EURO LEVI’S(ユーロ リーバイス)501

【BOTTOMS】・FilMelange(フィルメランジェ) 「PETER」イージーパンツ(メランジェ)

【SHOES】・spring court(スプリングコート)G2 ローカット キャンバススニーカー(ホワイト)

【ACCESSORY】・MANIERA (マニエラ) リネン メッシュ セレブキャップ(ネイビー)

【ACCESSORY】・MANIERA (マニエラ) リネン プレイキャップ(杢グレー)

 

 

CATEGORY: コーディネート