ANGLO LEATHER CRAFT “MESH BELT”

2014.03.26 / アイテム

ANGLO LEATHERCRAFT(アングロ レザークラフト) ナローメッシュベルト

ANGLO LEATHERCRAFT “MESH BELT”

 

 

 

新しいブランド、

ANGLO LEATHERCRAFT(アングロ レザークラフト)」をご紹介します。

 

 

 

5minutesでベルトと言いますと、Jabez Cliffが真っ先に浮かぶところですが、

機を見ては毎年違った種類でご用意していることもあります。

特に春夏シーズンでは。

 

軽装になる折、スタイリングが物足りなくなりますので、

そこに何か彩りを加えて欲しいといった意図で、

スポット的にベルトの類いをご提案しております。

 

 

で今回は当店での新し目ということで、

ANGLOに登場頂いた次第です。

 

 

 

 

 

ANGLO LEATHERCRAFT(アングロ レザークラフト) ナローメッシュベルト

 

 

 

 

ANGLO LEATHER CRAFTというブランドに関しましては、

取り扱いのお店さんも多く、国内で展開されるようになってから、

だいぶ日も経っていますので、説明は簡略。。

 

 

と言って済ませてしまうわけではありませんが、

イギリスに多い

ワンアイテムをメインにした専業メーカー

なる立ち位置が相応しそうなのが、こちらのANGLO LEATHER CRAFT。

 

往々にして当店で取り扱いのある、

HIGHLAND 2000”と共通するにおいを感じさせます。

(HPもないですし、国内代理店も数多く存在するし)

 

 

近年ではその編み込み技術を活かした他製品もリリースしているようですが、

やはりここんちはアイコンとなるアイテム、

メッシュベルト”をおいて他にないと思います。

 

 

 

 

 

ANGLO LEATHERCRAFT(アングロ レザークラフト) ナローメッシュベルト

 

 

 

 

数多くあるラインナップの中でも、今シーズン提案が多かったのが、

↑のナローモデル。メッシュ“ホソ”ベルト。

 

 

自分としてもここ数年、締めてずり落ちてこない、いわゆる『固定する』的な役割を

あまりベルトに求めていない節があります。

曰く、

 

「腰に乗っかているぐらいでちょうどいいんじゃない?」

 

そういう事かと。

 

 

 

そういう意味でのアクセサリーとしては、レザーのメッシュベルトは

非常に重宝しまして、私自身も愛用している類いのものです。

(サイト内探せば出てくると思います。白のアレです。

使用歴10年に近づいている・・・)

 

 

もちろん、ウエストのポイントを合わせてきちっと締めていただく

レギュラーな使い方を前提としつつ、カットソーの裾からチラッとのぞく(垂れている)

のが、メッシュやリボンベルトの味わいだとは思うのですが、

いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

ANGLO LEATHERCRAFT(アングロ レザークラフト) ナローメッシュベルト

 

 

 

 

Jabez Cliffもそうですが、ベルトのデザインで性別が分かれていませんので、

女性の方にもおすすめします。

 

 

ナローベルトですと、男性より逆に親しまれているようにも思いますし、

ワンサイズでご用意したのも、

皆さんに広く選んで頂きたい意図があってのもの。

 

個人的には女性の方ならではだと思うスタイリング、

シャツの上からベルト

の際にご利用頂くのが良いように思います。

 

 

 

 

 

ANGLO LEATHERCRAFT(アングロ レザークラフト) ナローメッシュベルト

 

 

 

 

以上お送りしてきたANGLO LEATHER CRAFTのナローメッシュベルト。

 

 

自分もこういった細いベルトを手にするのは、壊れて以来で久し振りでしたが、

新鮮な心持ちで眺めています。

 

許される範囲内であれば、↑で見られるような“2本付け”に

トライしたいのですが、

私だと不便=トイレとの闘い(?)ということになるでしょう。

 

2本付けに関しては、女性陣に委ねられればと。

 

 

 

 

200m from hereのストールの項でも言ってましたが、

ご自身用、あるいはギフトとしてお考え頂くのにも

適したプライス・アイテムかと思います。

 

そのあたりも踏まえまして、まずはご覧になってみて下さい。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム