EEL “Polygon Denim”

2017.07.24 / アイテム

EEL(イール)ポリゴンデニム(ネイビー)

EEL “Polygon Denim”

 

 

 

EELの「ポリゴンデニム」をご紹介します。

 

 

 

先週から出張が再び始まりまして、慌しげな気配が立ち込めています。

 

立ち込めているのは何も気配だけでなく、盛夏・猛暑感も含まれるのですが、

都心より松本市内のほうが暑いともなりますといやはや・・

皆さんもどうぞご自愛ください。

 

 

今日はメルマガを打ったことでネタが少ないので、早速本題に入っていきます。

 

 

 

 

 

EEL(イール)ポリゴンデニム(ネイビー)

 

 

 

 

数週間前にアップしてから、少しづつ興味を持ってご覧頂けている方が

増えています、EEL2017秋冬の第一弾になる↑のポリゴンデニム。

シーズンレスなアイテムが一発目でしたので、先取り感もさほどかと思います。

 

 

 

ユニークな『ネーミング&デザイン』で毎度楽しませてくれるEELさん。

 

商品ページにもチラッと書きましたが、“ポスト砂浜デニム”的な部分も

見え隠れするポリゴンデニムは、新シーズンでの傾向のひとつ

=『ステッチの配色換え』がしっかり表れているものだと思います。

 

 

ポリゴンはCG関連に関わらず、色んなところで見かける直線からなるデザイン。

ネイビーに描かれた白いステッチが、確かにそんな様子にも伺えます。

 

私が思い描くポリゴンと言えば、某国民的コミックに登場する『スタンドの顔』でしょうか?

近距離パワー型がまさにそのものかと。

いや、それに限定しなくても総じてそういう描き方のマンガだし。。

 

 

??と混乱されている方も多そうなので、先に行きます。

 

 

 

 

 

EEL(イール)ポリゴンデニム(ネイビー)

 

 

 

 

お持ちのデニムとの大きな違い=“S字にカーブさせた脇線・サイドシーム”。

 

まっすぐ直線に裁断&縫製するのがデニムのセオリーな中、

あえて面倒くさい手間をかけている点は、ヴィジュアル面からも見逃せません。

 

 

自分としては立体裁断で一世を風靡した、某リーバイスのエンジニアドジーンズを

思い出したわけですが、立体裁断モノに多い美脚寄り(?)な細さでない

ゆったりさが、新鮮さを覚えたポイントでもあります。

 

 

 

 

 

EEL(イール)ポリゴンデニム(ネイビー)

 

 

 

 

『ゆったりとした腰周りと、ギュっとテーパードさせた裾とのギャップ』が

良シルエットを描いているのは、砂浜デニムでもおなじみの光景。

EELの代名詞的シルエットを、ポリゴンデニムでもお楽しみ頂けます。

 

 

ただ好評なモノをトレースしたわけではなく、全体的なルーズ感を増やしながら

かつ内・外のステッチで軽く見せているあたりは、違った魅力になろうかと。

 

砂浜よりやや軽い、11オンスくらい(推測)のワンウォッシュデニムなのも、

はきやすさを覚えたポイントとして追記しておきます。

 

 

 

 

 

EEL(イール)ポリゴンデニム(ネイビー)

 

 

 

 

立体裁断なサイドシーム+ガゼットクロッチで機能性アップ

加えてホワイトステッチので遊びごころもプラス

 

な総評になるポリゴンデニム、いかがでしたでしょうか?

 

 

ヴィジュアル面のユニークさについつい目が行きがちになりますが、

EELのオリジナルとして定着したレザーパッチやボタンにジッパーの付属、

隠しリベットまで加わった本格的な仕上がりは、感心させられるクオリティ。

 

成熟しつつあるEELのデニムコレクションとしてご覧頂けるはずです。

 

 

 

個人的にエンジニアドジーンズつながりの話から、このポリゴンデニムには

ヨーロッパ発のデニムブランドの何某かを思い出しただけに、

だいぶ思い入れを増したように思います。

 

まぁその話は置いとくとして、来たる次シーズンでの新機軸になるであろうボトムス。

 

EELの新作第一弾、どうぞご覧になってみてください。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム