Fracap(フラカップ)特集

2014.04.20
『 ~ manifattura ~ 』 靴作りの系譜を受け継ぐ、伝統のファクトリー
Fracap(フラカップ)レザーサンダル
『 - R007 - 』 ~ Fracapの誇る、ベーシックモデル ~

2007年の日本上陸以来、その飾る事の無い実直なフォルムと抜群の履き心地で、高い評価を得ているモデル「R007」。
ダブルリングのストラップのみを配した、“サボ”を彷彿とさせるスタイルは、ミニマムかつプリミティブで力強い外観です。

そんな飾り気の少ないサンダルであればこそ、大きな違いとして現れる、『素材』そのものの差。
バケッタレザーが持つ陰影や濃淡は、長い年月を得て生み出された、イタリアンレザーならではの奥深さを堪能して頂けます。

『 - G160 & M120 - 』 ~ Fracapの誇る定番 その2 ~

R007と同様に、高い評価を得ているモデルが「G160」と「M120」です。
G=Ground、M=Mountain が示す通り、平地や高地で使用されるシューズに着想されたデザインは、ワードローブに欠かす事の出来ないフォルムのシューズであることは、想像に難くありません。
本格的な“ギア=機能性シューズ”とは異なる面、それはソールとアッパーの組み合わせに表れます。
革産業が盛んなお国柄ならではの様々な表情を見せる素材の豊富さに加え、世界に名立たるビブラム社の膨大なストックから選ばれたソールを使い、自国の工場において熟練の職人により丹念に製作されたシューズは、“素材~選択~製造”に至るまで一貫して国内でまかなう、まさにイタリアンメイドと呼ぶに相応しいものであると言えます。


硬質ゴムによるブロックパターンが代名詞とも言えるビブラムソールですが、R007・G160・M120においてEVAソール(『Prunella sole』& 『Unit sole』& 『Moreflex sole』)をそれぞれに採用しています。
デイリーユースには欠かせない、軽量で耐久性に優れる点はもちろんのこと、高い反発力によるクッション性に衝撃吸収力を備えたソールは、抜群の踏み応えのやさしさを与えてくれます。
また目に見える部分以外でも、踏み応えのやさしさ=履き易さは靴の内部(ライニング)でも発揮されている点は見逃せません。

接地面に対して平行なフラット型の独特なソールに、アーチ部にひと手間加えているライニング。
詳細に関しては、ブログ(「Fracapアップ。」)にて取り上げていますので、合わせてご覧下さいませ。

Style&Cordinate

商品一覧へ