Style&Cordinate Vol.198

Yarmo(ヤーモ)ダスターコート

 

  • Yarmo(ヤーモ)ダスターコート(ブラウン)Yarmo(ヤーモ)ダスターコート(ネイビー)SAINT JAMES(セント ジェームス)OUESSANT ソリッドカットソー(インディゴブルー)FUJITO(フジト) デニムジャケット(インディゴ ブルー)FLISTFIA(フリストフィア)リラックス パンツ(ダークネイビー)FUJITO(フジト) Thea(インディゴ ブルー)SANDERS(サンダース) “ブリット” チャッカ(スナッフ/ブラウン)

 

“Style&Cordinate Vol.198”

 

 

 

Yarmoの「ダスターコート」。

 

 

 

体感の差はあるかと思いますが、シェットランドのニットを着て過ごす頃(私)。

さすがにそこまでは・・な方も多いため、間を取っての綿のコート。

これなら共感を覚えて頂けることでしょう。

 

以下進めていきます。

 

 

 

 

 

Yarmo(ヤーモ)ダスターコート(ネイビー)

 

 

 

 

昨シーズンからリリースされ始めたヤーモのダスターコート。

 

従来からのワークコート他がご好評な中、後発モデルとしての登場でしたが、

ワイドシルエットのユニークさも手伝い、かなりの反響を呼びました。

 

 

今季も継続リリースされたコチラですが、CC41コレクションに関わらず

ヤーモ内の主力アイテムになる『一枚仕立てのコート』ということになります。

当時の作業着と同等な簡素な作りを踏まえた、シーズンレスで羽織れるモノ。

 

よって朝晩の外出時、シャツやカットソーの上からちょいと引っ掛ける、

まずはそういったご利用の仕方が正しいところでしょう。

 

軽く羽織って袖を無造作にまくる、そんな姿が連想できます。

 

 

 

 

 

Yarmo(ヤーモ)ダスターコート

 

 

 

 

開けても良いし閉めてもね。ということで別カットからも転載。

 

 

肩線がだいぶ二の腕側に位置している、いわゆる“ドロップショルダー”のシルエットですが、

袖丈そのものは短く・細くアレンジしたことで、『普通のコートっぽさに寄せている』、

見てくれからその様子をつかんで頂けるのではないかと思います。

 

その辺はコクーン型のシルエットの馴染んでいる、女性の方にも共感頂けるはずです。

 

 

 

 

 

Yarmo(ヤーモ)ダスターコート

 

 

 

 

バサッと羽織る限りでは、シャツ・カット・ニットの限りでしょうが、

自分なら今からでもこんな風に着るだろうと思います。Gジャンの上から。

 

ブラウン(キャメル)×ネイビー、このサイトでも散々説いている相性の良い色合わせ、

難しさはそれほどでもないでしょう。

 

 

 

トップスにボリュームが出ることで、ボトムスのテーパードの効きがよりはっきりしてくる、

そんなことを期待してのスタイリングだったかと思います。(ここまで前回のコピペ)

 

トーンとしては落ち着いた向きの組み合わせなため、

次回はもっとスポーティな面を付け加えてみたいところ。そういうアイテムがあればですが・・

 

 

ご参考がてらどうぞご覧になってみてください。

 

 

 

 

【TOPS】・Yarmo(ヤーモ)ダスターコート(ブラウン)

【TOPS】・Yarmo(ヤーモ)ダスターコート(ネイビー)

【TOPS】・SAINT JAMES(セント ジェームス)OUESSANT ソリッドカットソー(インディゴブルー)

【TOPS】・FUJITO(フジト) デニムジャケット(インディゴ ブルー)

【BOTTOMS】・FLISTFIA(フリストフィア)リラックス パンツ(ダークネイビー)

【BOTTOMS】・FUJITO(フジト) Thea(インディゴ ブルー)

【SHOES】・SANDERS(サンダース) “ブリット” チャッカ(スナッフ/ブラウン)

 

 

CATEGORY: コーディネート