Style&Cordinate Vol.173

FilMelange(フィルメランジェ)「DESI」 サーマルTシャツ(オゾンホワイト)

 

  • FilMelange(フィルメランジェ)「DESI」 サーマルTシャツ(オゾンホワイト)KICS DOCUMENT.(キクスドキュメント) スナップボタン シャツ(カーキ)FUJITO(フジト) デニムジャケット(インディゴ ブルー)EEL(イール)砂浜デニム(インディゴ・ワンウォッシュ)FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)MANIERA(マニエラ) パナマ セーラーハット(ナチュラル)FilMelange(フィルメランジェ)「WILKS」 ニットキャップMANIERA (マニエラ)スウェット×ニット コンビネーションキャップ with JUST FIT(杢グレー)SANDERS(サンダース)ミリタリーUチップ ダービーシューズ(ポリッシュドレザー・バーガンディ)

 

“Style&Cordinate Vol.173

 

 

 

FilMelangeの「DESI」。

 

 

 

ご覧頂いている方が多いということでの再プッシュ。

フィルメランジェの「デージ」を少しばかり。

 

と言っても以前のスタイリングご紹介のページで

既出していたこともあるので、使い回し込みの画像にて失礼します。

 

 

 

この手のサーマルTシャツ、私としては“鹿の子”地のアイテムと

共通するような心持ちで見ています。

 

『Tシャツ一枚で充分なトップスになる、そのデコボコ具合』

 

そのあたりに同じ匂いを感じます。

 

 

Tシャツ一枚で出歩くことのない自分ですが、

ポロシャツとサーマルTであれば話は別。

 

むしろ積極的にそれ一枚で外に出ようかしらな気にもなる、

そんな感想につながるようにも。

 

 

 

秀逸なのはその“色合い”にもあるのですが、

白は白でもチョイとヘザー。

杢調のカラーリングも気に入っているポイント。

 

 

真っ白さから来る気恥ずかしさも、目を凝らせば

ところどころに現れるグレーのミックス。

 

こちらも同系統であることを考えると、

自ずとマイフェイバリットな色合いが透けて見えてきます。

 

 

 

 

インナー対応から一枚でのトップスまで、

幅広くカバーしてくれるであろう、フィルメランジェのデージ。

 

薄っちいTシャツですとどうも不安感に煽られる自分ですが、

この位のウェイトが出てくるだけで、頼もしく安心感を覚えるのは事実。

 

 

ご参考がてら、どうぞご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ)「DESI」 サーマルTシャツ(オゾンホワイト)

 

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ)「DESI」 サーマルTシャツ(オゾンホワイト)

 

 

 

 

 

FilMelange(フィルメランジェ)「DESI」 サーマルTシャツ(オゾンホワイト)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【TOPS】・FilMelange(フィルメランジェ)「DESI」 サーマルTシャツ(オゾンホワイト)

【TOPS】・KICS DOCUMENT.(キクスドキュメント) スナップボタン シャツ(カーキ)

【TOPS】・FUJITO(フジト) デニムジャケット(インディゴ ブルー)

【BOTTOMS】・EEL(イール)砂浜デニム(インディゴ・ワンウォッシュ)

【BOTTOMS】・FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)

【ACCESSORY】・MANIERA(マニエラ) パナマ セーラーハット(ナチュラル)

【ACCESSORY】・MANIERA (マニエラ)スウェット×ニット コンビネーションキャップ with JUST FIT(杢グレー)

【SHOES】・SANDERS(サンダース)ミリタリーUチップ ダービーシューズ(ポリッシュドレザー・バーガンディ)

 

 

CATEGORY: コーディネート