Style&Cordinate Vol.166

FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)

 

  • FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)KICS DOCUMENT.(キクスドキュメント) スナップボタン シャツ(カーキ)FilMelange(フィルメランジェ)「DESI」 サーマルTシャツ(オゾンホワイト)KHONOROGICA(コノロジカ) プレミアムコットン ベーシックシャツ(ブラックストライプ)FUJITO(フジト) ロングスリーブTシャツ(インディゴブルー)FilMelange(フィルメランジェ)「WILKS」 ニットキャップFUJITO(フジト) アイウェア(ブラック×グレー)SANDERS(サンダース)ミリタリーUチップ ダービーシューズ(ポリッシュドレザー・バーガンディ)Fracap(フラカップ)レザーサンダル(ブラック)

 

“Style&Cordinate Vol.166

 

 

 

FUJITOの「1タック イージーパンツ」。

 

 

 

2シーズン目を迎えた(確か)準定番アイテム、

いくつか画像がまとまっていたので取り上げておきます。

 

 

『デニムが流行っている』というワード、

毎年聞いているような気がするので実感に乏しいものの、

店内を見回しても各ジャンルで目に留まることから、

そういうことなんだと思う今日この頃。

 

“インディゴ染めされたモノ”という枠ですと、

ボトムスでは今回のアイテムが挙げられそうです。

 

 

 

濃色の色合いと違い、淡い色調に特徴のある1タックイージーパンツ。

 

目を引きやすい色合いの魅力が8割だとすると、

残り2割はシルエットやリネン混の素材感にアリ、

と思っていますがいかがでしょうか?

 

 

比率に関しては7:3ないしは6:4でも良さそうですが、

イージーパンツと言えどもラフになり過ぎないよう、

“固め”のアイテムを取り入れていただくことで、

落ち着いた向きを演出したい、そのように思っています。

 

 

 

今回は今シーズンの私的フェイバリットのキクスさんに

登場願いましたが、夏になる頃にはリネン系での上下も

視野に入れたい1タックイージーパンツ。

 

 

このライトインディゴ、その昔扱っていたフランス軍のボトムスに

通じる色合いがあるだけに、思い入れひとしおなところも。

 

リラックスウェアと簡単にひと括りさせない、

デニムジーンズに代わるボトムスとしてご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)

 

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)

 

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)

 

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)

 

 

 

 

【BOTTOMS】・FUJITO(フジト) 1タック イージーパンツ(ライトインディゴ)

【TOPS】・KICS DOCUMENT.(キクスドキュメント) スナップボタン シャツ(カーキ)

【TOPS】・FilMelange(フィルメランジェ)「DESI」 サーマルTシャツ(オゾンホワイト)

【TOPS】・KHONOROGICA(コノロジカ) プレミアムコットン ベーシックシャツ(ブラックストライプ)

【TOPS】・FUJITO(フジト) ロングスリーブTシャツ(インディゴブルー)

【ACCESSORY】・FilMelange(フィルメランジェ)「WILKS」 ニットキャップ

【ACCESSORY】・FUJITO(フジト) アイウェア(ブラック×グレー)

【SHOES】・SANDERS(サンダース)ミリタリーUチップ ダービーシューズ(ポリッシュドレザー・バーガンディ)

【SHOES】・Fracap(フラカップ)レザーサンダル(ブラック)

 

 

CATEGORY: コーディネート