Style&Cordinate Vol.136

 

FUJITO(フジト) Thea(インディゴ ブルー)

 

  • FUJITO(フジト) Thea(インディゴ ブルー)EEL(イール) Wind Riders(ベージュ)James Mortimer(ジェームスモルティマー)アイリッシュリネン ボタンダウンシャツ(クールブルー)SANDERS(サンダース) スエード チャッカブーツ(ダークブラウン)FUJITO(フジト) Acer(インディゴ ブルー)

 

“Style&Cordinate Vol.136

 

 

 

FUJITOのデニム、「Thea」を。

 

 

 

スタイリングの根っこ、ベースになるものが“インディゴデニム”になるのは、

私が改めて言うまでもなく、広く知られている事実かと思います。

 

FUJITOに関しましても、そのブランドの成り立ちからして

(詳しくは→ココから)

最も力を注いでいるアイテムになるのは、間違いのないところ。

 

 

今回、ブランドのアイコンになる「Acer」と共にご用意しました、

当店での新作となります「Thea」。

 

リーバイス505を意識した細身のスタイルが、

先行モデルのAcer同様に話題を集めています。

 

 

 

色落ちに定評があるセルビッチデニム、自分でも体感するべく、

2年ほどはき続けた画が↑になるわけですが、

鮮明なタテ落ちが現れ始めた様子に、

自分だけのマイヴィンテージとして、さらに愛着が増したような。

 

 

新たに手にしたTheaでは、シルエットの良さを活かして、

しばらくの間は濃色を維持していこうと目論んでいます。

 

 

裾幅18cmのダイナミズム』 。

 

 

・・よく分かりませんが、気分としてはこんな感じで盛り上がっています。

 

 

 

手に入れてから日が浅いので、まだ馴染んでいない感がありありですが、

ここ2年間のエイジング具合もまとめておきますので、

比較がてらご覧頂ければと思います。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) Thea(インディゴ ブルー)

 “Thea”

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) Acer(インディゴ ブルー)

“Acer 1 year later”

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) Acer(インディゴ ブルー)

“Acer 2 years later”

 

 

 

【BOTTOMS】・FUJITO(フジト) Thea(インディゴ ブルー)

【TOPS】・EEL(イール) Wind Riders(ベージュ)

【TOPS】・James Mortimer(ジェームスモルティマー)アイリッシュリネン ボタンダウンシャツ(クールブルー)

【SHOES】・SANDERS(サンダース) “ブリット” チャッカ(スナッフ/ブラウン)

【BOTTOMS】・FUJITO(フジト) Acer(インディゴ ブルー)

 

 

CATEGORY: コーディネート