Style&Cordinate Vol.97

 

FUJITO(フジト) フード コート(ネイビー)

 

  • FUJITO(フジト) フード コート(ネイビー)FUJITO(フジト) リバーシブル キルティングベスト(ダークグレー)FUJITO(フジト) B.D シャツ(オックスフォード) FUJITO(フジト) B.D シャツ(オレンジ×ブルー)EEL(イール) スポールニット(ネイビー)FilMelange(フィルメランジェ)「SUNNY」 ポケットTシャツ(オールドメランジェ)FUJITO(フジト) Acer(インディゴ ブルー)FilMelange(フィルメランジェ) 「RAY」スウェットパンツ(メランジェ/グレー)SANDERS(サンダース) スエード チャッカブーツ(ダークブラウン)MANIERA (マニエラ)キャッシュウール 3D ビーニー(チャコール)

 

“Style&Cordinate Vol.97

 

 

 

FUJITOのフードコート。

こちらも季節的におすすめでしたので、ひとつ。

 

 

 

改めて見返していたところ、登場回数が結構多い割には、

コレということでまとめてませんでしたので、一度整理しました。

 

上から順に季節を進んでいるように思いますので、ご覧下さい。

 

 

 

“ビジネス~カジュアルで使いまわせるコート”の定義は、

職業柄にも拠るかと思いますが、自分の社会人歴を振り返ってみて、

最も袖を通しているであろうアウター、

やはりステンカラーのコートだったように思います。

 

(まぁ所有していたのが某ゴム引きコートブランドの、

なかなか高価なもの数着でしたので、元取るまで着てやるぞ

という理由でしたが・・)

 

 

 

以前のブログでも取り上げてましたが、

やはりあのミュージシャンのスタイリングが印象深く、

どこかしらに影響は受けているかと思いますが、

最初はピンと来なかったコート、徐々に見慣れて(着慣れて)きた時、

ようやく大人の仲間入りを果たせた気分になったような?

 

 

フードが付いている分、もう少し取っ掛かりやすいのも、

このアイテムの魅力だと思います。

 

TPOに合わせた服とはよく言いますが、そういう観点からの

懐の深さみたいなものを、このフードコートには感じています。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) フード コート(ネイビー)

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) フード コート(ネイビー)

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) フード コート(ネイビー)

 

 

 

 

【TOPS】・FUJITO(フジト) フード コート(ネイビー)

【TOPS】・FUJITO(フジト) B.D シャツ(オレンジ×ブルー)

【TOPS】・FUJITO(フジト) リバーシブル キルティングベスト(ダークグレー)

【TOPS】・FUJITO(フジト) B.D シャツ(オックスフォード)

【TOPS】・EEL(イール) スポールニット(ネイビー)

【TOPS】・FilMelange(フィルメランジェ)「SUNNY」 ポケットTシャツ(オールドメランジェ)

【BOTTOMS】・FUJITO(フジト) Acer(インディゴ ブルー)

【BOTTOMS】・FilMelange(フィルメランジェ) 「RAY」スウェットパンツ(メランジェ/グレー)

【SHOES】・SANDERS(サンダース) “ブリット” チャッカ(スナッフ/ブラウン)

【ACCESSORY】・MANIERA (マニエラ)キャッシュウール 3D ビーニー(チャコール)

 

 

CATEGORY: コーディネート