_CATEGORY: インフォメーション

ニューリリース ~Vol.2~

2008.06.26 / アイテム
ニューリリース ~Vol.2~
一部の方より「軍モノ入んないの?」という質問のような、 催促のような声が挙がってましたので、急遽(?)新アイテムの入荷となりました。 入荷自体は昨日でしたが、 もちろん儀式(→過去ログ参照)が済まないことには店頭にも並ばないことなので、 急ぎ目で洗いをかけました。 が、しかし乾かないもんなんですね~、これが。 長野の夜の涼しさ(寒さ)のおかげなので、しばしお待ち下さい。

もっとを読む

んん~...

んん~...
強制的なリハビリのおかげで、右腕完治に近づきつつあります。 やっぱりキーボード打つのもそうですけど、 字を書くことが大きいですね。頭も冴えてくるし。 久し振りに細かな作業が出来るのが嬉しい限りです。 昨日ネタを多めに吐き出してしまったため、 今日どうしようかということで。 困った時の曲紹介。

もっとを読む

小説

小説
昨日の花の香りの正体が判明しました。 環境省が音頭とってやっている 「かおり風景100選」というのにも選ばれているんですね。 「松本大名町通りのシナノキ」 ・・・6月に黄色の淡い花を咲かせるようです。 ほのかにあまい香り。 さて今日は本の紹介をします。 ポール・オースターってご存知でしょうか? 僕自身、あまり現代作

もっとを読む

雨
埼玉スタジアムも相当降っているんでしょうか。 先ほどですが、タバコ買うためだけに 1キロ近く徘徊してしまいました。 喫煙者受難の時代は続く。 その代わりですが、この時期ならではなんでしょうか? お城の近くはなんだか香しいにおいがしていました。 おそらく何かの花のにおいなんでしょうが、 こんな街の中という意外性も手伝って差し引きゼロ、 というよりちょっとだけ特した

もっとを読む

BMWのバッグ

2008.06.21 / アイテム
BMWのバッグ
先日の「ドイツっぽい」にかこつけて紹介してなかった(はずの) BMWヘルメットキャリーバッグです。 十中八九「これ、何なの」という反応を示してくれますこちらのバッグですが、 僕もご自由にお使い下さいとしか言ったことがないかも。 大体サッカーに絡めて ①ボールを入れるのはどうでしょう? ②スパイク入ってたらオシャレですね。 ③ゲルマン魂に敬意を込めて(?)

もっとを読む

キャンドル・ナイト

キャンドル・ナイト
今年は忘れてませんでしたよ。 「100万人のキャンドルナイト」。 毎年夏至の日にの夜にキャンドルだけで過ごしてみるイベント。 去年初めてこういうことやってるんだというのを聞きまして、 記憶の片隅に留まっていた(ような...)気がしてたんですが、 市内にある松本市美術館でも同様の取り組み 「キャンドル ナイト」 のフライヤーで思い出しましたね。 こちらでは18時からイベン

もっとを読む

恐るべし。

恐るべし。
今日はドイツについてと思ったんですが、 その前に驚くべきことが... 最初は何気なく入ってきて 「近くに営業に来たんでちょっと見させてもらっていいですか?」 と律儀に言って頂き、同業の方なんだなって事で 僕も自由に見ててもらったんです。 で、そのうちにユーロリーバイスに興味持って頂き、 軽くしゃべってました。 そうこうするうちに、いつものように 小

もっとを読む

連載。

連載。
僕の住んでいるのは「安曇野市穂高」という地域ですが、 そこで月イチで発行されている 「あずみ野かわら板」 という出版物で、今月より連載を持つことになりました。 事の発端は、この発行者が僕の昔からの友達で、 そいつの「書いてよ」という何気ない(?)一言から。 B4版の一枚のチラシのような体裁で、 裏表に地域のイベント・講演会情報や各ジャンルの相当の権威の方による コラムな

もっとを読む

beruf ~2回目~

2008.06.16 / アイテム
beruf ~2回目~
先日、友人との酒席で 「ユーロ2008、トルコが気になる」 との話をしてたのを思い出しました。 個人的には「ニハト・カフヴェジ」というFWの選手の、 語感が前々から気になってただけなんですが、まさか現実になるとは... 予想外れたし。 さて、「beruf」ですが来月ニューモデル入荷します。 デイパック、もといリュックサック。 これが結構楽しみな感じなんですね。

もっとを読む

ロードレース

ロードレース
先日「サイクリング・ウェーブ(→過去ログ参照)」の話をしたかと思いますが、 以前来店頂いたサイクリングチームの代表の方と 店の前でばったり遭遇!(自転車運転途中) で、そのあとわざわざ僕に(この店に)オススメしたいのがあるということで、 カタログを持ってきて頂きました。 で、オススメ頂いたのがBianchiの「Ancora」というクラシカルなモデル。

もっとを読む