LOLO “CREW NECK SHIRT”

2021.03.20 / アイテム

LOLO(ロロ)クルーネックシャツ

LOLO “CREW NECK SHIRT”

 

 

 

LOLOの「クルーネックシャツ」をご紹介します。

 

 

 

ラジオ番組をクリアに聴くため、日によって通勤路を変えているんですが、

(山間部は電波が届きにくくノイズが多々入りますので)

今日は急いでいたのでいつものバイパスへ車を走らせます。

 

で道中気付いたのは『ルーフキャリア付きのSUV率、高けぇな~』ということ。

ゲレンデに向かっているのは間違いなさそうです。

 

 

この時期ですんでキャンプって訳ではなさそうですし、屋根に載せるブツなら

長いものになるでしょう。

 

しかしスキー場への最寄りインターチェンジがココになるので、バイパスというか

普通の幹線道路をすっ飛ばしていってもその距離〇〇。結構というよりかなり遠い気も・・

まぁレジャーは移動の道すがらも楽しみですから、事故なく向かっていただければと思いました。

 

こんな話をしたり近隣に住んでいるにも関わらず、最後のゲレンデから20ウン年が経ったような?

近いからといって皆が滑りに行くわけではないのです・・

 

 

 

 

 

LOLO(ロロ)クルーネックシャツ(ホワイト)

white

 

 

 

そうしましたら当店ではお初になりますロロさんの「クルーネックシャツ」を。

 

『当店では』の記述から察していただけるように、確か昨年からコレクションに加わった

記憶があるコチラ。評判を聞きましたので便乗させていただくことになります。

 

 

ざっくり言いますと“ノーカラーシャツ”に分類されるモノになろうかと思います。

そうは申しましてもバンドカラーにスタンドカラー、果てはベースボールシャツあたりまでも

含みそうなので、単に“襟なしのシャツ”という見立てでまずはご覧ください。

 

 

 

 

 

LOLO(ロロ)クルーネックシャツ(ベージュ)

beige

 

 

 

ベージュのほうが鮮明に見えますので、こちらメインでお送りしていきます。

 

 

クルーネックと共に推しデザインになるのが↑“エルボーパッチ”です。

ロロさんでもよく用いるディテールとして、欠かせない存在になってきました。

 

なぜかと申しますとパッチが付くことでの《アウター感》、そこに魅力があるんじゃないかと。

ジャケットやコートほどシリアスで重たくなく、普通のシャツだとやや力不足。

その中間を担ってもらおうという狙いが、評判の秘訣になっているはずです。

 

 

 

 

 

LOLO(ロロ)クルーネックシャツ

 

 

 

 

アウター風味に貢献しているのは、その生地にもありそうです。

カツラギ”、昔から愛着のある生地。

 

 

制服系ワークウェア好きなら必ず遭遇するものですし、インディゴデニムの代わりで

5ポケットパンツを企画したりと、何かとお世話になってきましたので

過剰な思い入れひとしお。

フレンチものに多かった気がするのは、色んな補正が掛かっているからかもしれませんが・・

 

商品ページ中にも出てきますけど、オックスより肉厚だけどキャンバスより薄い。

ふっくらやわらかいのも特徴ですので、肌にやさしいスムーズな着用感もありがたいばかり。

 

 

 

 

 

LOLO(ロロ)クルーネックシャツ(ホワイト)

 

 

 

 

基本となるような着こなし方なら、まずは《ネックラインをそろえる》からが良さそうです。

言い換えれば普通にTシャツの上から羽織ってね、で済みそうですが・・?

 

 

ボタンの留め方や袖をまくる分量は、皆さんのお好みに委ねさせてもらいますが、

前合わせのボタンが5つなればのひとつ開けですし、ラブルールをはいている手前

白に関してはホスピタルやシェフ感?を出したかったのが心情です。

 

カツラギが持つフレンチワークウェアなイメージ、↑の裏テーマかもしれません。

 

 

 

 

 

LOLO(ロロ)クルーネックシャツ(ベージュ)

 

 

 

 

アウター風味があったとしても、それだけに使い方を限定するのはもったいない。

本来の役割になる《インナーでのシャツ》もお試しください。

 

生地のやわらかみがあるのでコートやブルゾンとは緩衝せず、いたって普通に重ね着できる

だろうと思います。その日の天候を見ながら適宜調整いただければなと。

 

 

 

 

LOLOの新作としてご用意しました「「クルーネックシャツ」」。いかがでしたでしょうか。

 

 

定番のプルオーバーや比翼シャツに次ぐシリーズですと、これまではボタンダウンの何某かが

多かったかもしれません。私も安直に選んでいたフシがありました。

 

そんなラインナップに新味を覚えてもらいたくお願いした、今回のクルーネックシャツ。

定番シリーズよりゆったりしたことから来る開放感に、そこはかと薫ってくる

《ユーロワークウェア》な雰囲気も楽しんでみてください。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム