FUJITO “V Neck Sweater”

2019.10.14 / アイテム

FUJITO(フジト) Vネック セーター

FUJITO “V Neck Sweater”

 

 

 

FUJITOの「Vネック セーター」をご紹介します。

 

 

 

出来うるところからの通常業務ということで、新作についての投稿を。

 

一部界隈でのみ話題を集めているアイテムもアップしたことですし、

少しご紹介のテンポも上げていかないとならない気配もありますので。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) Vネック セーター(オートミール)

oatmeal

 

 

 

春夏ではポロシャツをメインに、秋冬では長袖の何某かをご用意しています

フジトさんのニットウェア。

 

ここ数年、コレクションでは欠かせなくなっているものでして、

お店でも評判の世さを実感することが多くなりました。

 

 

過去の秋冬に関してはロー~ミドルゲージ、それはケーブル模様だったり

バーズアイ柄だったりしたわけですが、今季はより深化。

超極細ウールを使ったハイゲージのニットウェアがお目見えした次第です。

 

風邪っぴきだった私もひと足早くニットデビューしていましたが、

その際は薄くて暖かいモノのありがたみを覚えました。

 

今日くらいの冷え込み具合なら先走り感もゼロ。

寝かせていた?かいがあったというものです。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) Vネック セーター(スカイブルー)

sky blue

 

 

 

Vネックの切り替えからなるセーターですが、↑ご覧いただける限りでもVは浅め。

これ見よがしな開き方でないのに、関係各位好感を覚えました。

 

クルーネック寄りな提案は一枚で着てもインナーTeeいらず。(実際は着ます)

重ね着に頭を悩ます必要がないのは、慌てている朝には好都合?でしょう。

あまり他所さんでも見かけない襟形も新鮮味につながります。

 

 

シンプルなニットウェアのアクセントになっている“段リブ”の存在も見逃せません。

 

フジトさんではブルゾンからコート、カットソーで見かけることの多い

必殺のディテールですが、あるとないとじゃ大違いのリブ編みということで、

個人的にもうれしいテクニック。

ミリタリーやアスレチック由来のアイデアはなんだって心躍るわけでして。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) Vネック セーター(オートミール)

 

 

 

 

メリノ感のあるウールは肌触りもなめらかでストレスフリーな着心地。

生地の厚さからするとロンTee感覚で袖を通しても良いんじゃないでしょうか。

 

 

私としてはインナーの選択肢が狭かった↑のようなノーカラー系ジャケット、

こういう襟周りの雰囲気(開き方と角度でしょうか)が好みなんだと再認識。

 

自分で言っちゃうのもあれですが、品位が何となく現れます。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) Vネック セーター(スカイブルー)

 

 

 

 

もちろんコチラの色合いもお気に入り。

広義で言うところの『オノブルー』にはなりますので、ほとんど使命感?のようなオーダー。

 

 

冗談はさておき、秋冬コレクションのアイコン(のはず)になるフードコートとの相性なら、

差し色以上の引き立て効果が見込まれます。

 

今季多発しているカーキ・ブラウンとの相乗関係は過去何度も言っているところ。

クドくあっても最良の組み合わせ、今季も推していくつもりです。

 

 

 

 

ようやくご紹介が叶いましたFUJITOの「Vネック セーター」、いかがでしたか。

 

 

個人的な興味もあり、『薄手で暖かく機能的にも抜群なウールもの』は

かなり関心を持ってリサーチしています。(ただしガチ寄りな山系以外に限る)

 

そんな中で目に入ってきたのがウォッシャブルウールのTシャツや今回のセーター。

使い勝手の良いオートミールorインナー映えもするスカイブルー

私も本格的に悩んでみます・・

 

 

急に気温が下がったこともあり、はっきりとした衣替えの必要性が出てきました。

その辺りも踏まえてこちらもご覧になってみてください。

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム