New Brand “arrels”

2017.05.17 / アイテム

arrels(アレルズ)スリップオン(ネイビー×ホワイト)

New Brand “arrels”

 

 

 

新しいブランド、「arrels(アレルズ)」をご紹介します。

 

 

 

前回から“謎ブランド”シリーズの第2弾。

 

 

軽々しく謎だなんて呼ぶのはアレですが、いっとき謎肉がもてはやされていた位です、

便乗しても罰は当たらんだろーということで、本日もお届けしていきます。

 

早速ですが、ミステリーツアーにご同乗ください。それではふ〇ぎ発見(?)。

 

 

 

 

 

arrels(アレルズ)

 

 

 

 

前回のBONIE DOON以上に難航を極めた、arrelsなるシューズブランド。

 

取扱店国内でほぼなし・ブランドリリースなしのナイナイ尽くしの中、

唯一の手掛かりは本国サイトのみという(・・)、謎ブランドならではのハードルの高さ。

 

回答前からボッシュートな気分(?)に陥りましたが、

分かる範囲の情報を皆さんとシェアしていきます。

 

 

 

スペイン・バルセロナ生まれになるアレルズ。

スペインと言えば各地で靴の生産が盛んで、MADE IN SPAINのラバーシューズは、

皆さんもどこかしらでご覧になっていることと思います。

 

工場の数だけファクトリーブランドが存在すると言っていいくらい、

日本未上陸のお宝が眠っているであろう、ミステリー大国。

 

 

アレルズは“良いモノ作っているファクトリーブランド(けど野暮ったい)”とは若干異なり、

もっとデザインも含めたヴィジュアル面からのアプローチが強めです。

その辺はシューズばかりでなく、↑のボックスなんかにも表れています。

 

都会のコンクリート(アスファルト)をはがしたら、自然なままの地表(地球)を目にする

 

というのをグラフィックで表現。はがした(破いた?)感じが彼らのアイデンティティ。

 

 

 

まぁ皆さんにおかれましてはバルセロナから連想する、

“情熱・気候・建築・音楽・熱狂”

といったものがシューズを通してデザインされている、その理解で良いのかと。

 

ちなみにカタルーニャ語のarrelsは、英語でいうところの「ルーツ」だそうです。

 

 

 

 

 

arrels(アレルズ)スリップオン(ネイビー×ホワイト)

 

 

 

 

スリップオンの外観は、いたってオーセンティックなもの(なはず)。

 

私が自腹を切る予定だった非オーセンティックなカラーリングは、

見事にドロップ=生産中止となりましたことを、この場でお伝えしておきます。。

 

 

 

ネイビー1色だけに、かかとの切り替え赤キャンバス&トリコロールのタブ(持ち出し)が

アクセントになっているのは一目瞭然です。

 

なんですが、細部に目をやると思いの他作りが丁寧で、

デザイン優先の軟弱スニーカーとは似ても似つかぬモノ。

裏貼りもきちんと貼ってあるので、靴そのもののグレードが高いのは間違いない。

 

 

ソールも工場が変わる前のスプリングコートを彷彿とさせるゴム感、

気持ーちやわらかめでグリップが効き、踏み応えの良さを覚えます。

 

その踏み応え=履き心地の良さにひと役買っているのが、以下になるのですが。

 

 

 

 

 

arrels(アレルズ)スリップオン(ネイビー×ホワイト)

 

 

 

 

今回ばかりは伏字なし、はっきり言っといても良いでしょう。

テンピュール”素材からなるインソール。

 

私にオーダーを決意させた必殺のディテール。気持ちよくだまされました(?)。

 

 

テンピュールに限ると『門外不出の製造方法』になるので(違いましたっけ?)、

ここでは“体圧分散素材”ということにしておきましょう。

 

カガワ選手御用達マ〇フレックスや、カズ・ネイマール選手のエ〇ーなどの、

高反発ウレタンフォーム系の枕やマットレス。あれの薄いヴァージョンが↑コチラ。

 

一挙にお買い得感が増しませんか、どうです?

 

 

私も20年ほど前に初めて入手したテンピュールには、心底感動しました。

(現在は類似品にグレードダウン・・挽回したい)

 

薄手のインソールと言っても、ラバーソールの反発力も加わるクッション性は、

不思議な履き心地につながる重要なポイントです。

 

入手したあかつきには、皆さんもぜひプニプニ押すことをお勧めします。

 

 

 

 

 

arrels(アレルズ)スリップオン(ネイビー×ホワイト)

 

 

 

 

コーディネイトページでも一部出ていますが、ソールが白というだけで

軽快さや爽快感が出てくるのはご覧頂ける限り。

 

5minutesのフォロワーにはおなじみな、青・白・赤=“トリコロール”が完備とあれば、

すぐ隣の国境を越えた「フランス」の薫りすら漂ってくる。

西仏を一挙両得取り?で楽しめるとも言えるでしょう。

 

 

 

 

(ほぼ)国内初上陸になるバルセロナ発のアレルズ、いかがでしたでしょうか?

 

 

本来はたくさんラインナップされているフットウェアそれぞれに、

アーティストやデザイナーとコラボしたテキスタイルを用いるといった、

シューズを通したクリエイティブなアートワークが特徴のブランドです。

 

私は熱望した某インテリア・プロダクトデザイナーものは日の目を見ませんでしたが、

ある種取っ掛かりやすい無地が来ただけに、賛同頂けるのではないかと思います。

 

 

ユーロスタイルのヴィジュアル+コンフォータブルな履き心地を持つアレルズ、

謎解きがてら、ご覧になってみてください。

 

あっ、もっと詳しい情報ご存知の方いらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。

粗品(おそらくヒ〇シ君人形)をもって御礼に代えさせて頂きます。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム