Yarmo “R/N Hospital Coat”

2017.04.16 / アイテム

Yarmo(ヤーモ)R/N ホスピタルコート(グレー)

Yarmo “R/N Hospital Coat”

 

 

 

Yarmoの「R/N ホスピタルコート」をご紹介します。

 

 

 

『忘れた頃にやってくる待望のアイテム』、入荷時には心底そう思いました。

しかし今日のこの陽気、夏日を迎えた所があるのを耳にすると・・

そういう話は忘れましょう。

 

 

もともと自分で着るようも込みでのオーダーだったこともあり、

日中寒くてもそうでなくても袖を通しています。私にとっての純然な“作業着”。

5minutesでのリアルなショップコートになるわけです。

 

そういうことも踏まえて、本日はお送りしていきます。

 

 

 

 

 

Yarmo(ヤーモ)R/N ホスピタルコート(グレー)

 

 

 

 

前回「ラボコート」をご紹介していましたが、それに引き続いての春向けコート。

その第2弾としてご用意したコチラ。

 

 

ヤーモのコレクションは数シーズン前から線引きがなされてまして、

以前お伝えしていた『CC41シリーズ』と、↑のブロードアロー&1939のスタンプが麗しい

Admiralty・アドミラルティ シリーズ』、それとレディース向けの3ラインから構成されます。

 

R/N=Royal Navy=英国海軍ということでの、ミリタリーテイストで打ち出すアドミラルティライン。

 

 

当店でもちょいちょい出てくる、5minutes軍に向けての濃いラインナップです。

 

 

 

 

 

Yarmo(ヤーモ)R/N ホスピタルコート(グレー)

 

 

 

 

濃いと言っても単品画像だけで見れば、『ウエストにベルトが付いた品の良いコート』

風情というのが、第一印象になろうかと思います。

 

ただバックグラウンドが「ホスピタルコート」と知らなければですが。。

 

 

 

ホスピタルだけに病院内で着用されてたモノが由来ですが、

野戦病院のようなハードシチュエーションではなく、設備の整った医療施設や研究所で、

入院患者に着てもらっていた物。よってガウン的な仕様が特徴になります。

 

 

『患者が着る?これぞまさしくイングリッシュ・ペイシェントっ

〇〇さん、オレ買いますっ!!』 (at 展示会にて)

 

と泣きの名作を思い出し、ひとりテンションが高まってから早半年。

 

あの映画でコートを着ていた記憶がないのですが・・

 

 

 

 

 

Yarmo(ヤーモ)R/N ホスピタルコート(グレー)

 

 

 

 

ホスピタルコートというと簡素な作りで量産されることから、ボタンが付いてなかったり

ベルトが縫い付けてあるものもあり、ガウンでの用途に限られるものがほとんど。

 

ヤーモのコートでは、そういった印象は薄かろうと思います。

 

 

 

自分が初見で感じたのは、『ショップコート≧トレンチコート』という見立て。

 

ショップコートほど軽薄(?)でなく、さりとてトレンチほど重厚ではない、

その中間の室内着でも外着でもイケる、ちょうど良いさじ加減。

そんなところに惹かれました。

 

 

自分には白衣的なモノを着ている職種に憧れがあります。

 

医師・薬剤師・舘ひろし・・・?

 

最後は別としても、このホスピタルコートを外出ばかりでなく室内でも

着れる喜び。そんなことを感じながら少しづつ目に馴染ませている最中です。

 

 

 

 

 

Yarmo(ヤーモ)R/N ホスピタルコート(グレー)

 

 

 

 

ミリタリーグリーンのナイスなボタン・ラウンド型の2ポケット・袖口の切り替え・止めを刺すベルトと、

ミニマルなディテールにまとめたヤーモのコート。

 

 

ホスピタルコートが元なだけに、一枚仕立ての軽いものですが、

ここで使われているのが綿ポリの“タイプライター生地”であること。これが憎い。

 

バサバサっとしたハリの強さが良い塩梅です。

 

 

グレー~ベージュ、いわゆる『グレージュ』に通じる色合いも格別で、

丈の長いジャケット感覚で楽しめるのも乙なポイント。

 

ベルト先はポケットに入れ、袖口が無造作にたくし上げて羽織ってみる。

 

 

綿ポリだけに速乾性もありますし、綿100に比べてシワに対する復元力も強い。

タイミングを見定めながら頻繁に洗う楽しみもあることでしょう。

 

 

 

 

 

Yarmo(ヤーモ)R/N ホスピタルコート(グレー)

 

 

 

 

当店のラインナップだと先行するアトリエコートラボコートに続く、

職業別ワークコートに連なる↑のアイテム。

 

とはいってもそこはヤーモ。

 

いかにもなワーク風でなく、ビジネスやドレス向けでも通じる

クリーンなヴィジュアルは、着用シーンを広げてくれるはずです。

 

 

コートの締めとして届いたラストピース、最後の大物たるアイテム。

こちらもどうぞご覧になってみてください。

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム