FUJITO “Crew Neck Rib Knit Sweater”

2016.11.04 / アイテム

FUJITO(フジト) クルーネック リブニット セーター(サックス)

FUJITO “Crew Neck Rib Knit Sweater”

 

 

 

FUJITOの「クルーネック リブニット セーター」をご紹介します。

 

 

 

先ほど某商業施設内に用があり、夜半の市街を往復したのですが、

思いの外重めなアウターを着ている方々が多いというのに気付きました。

 

アウター姿の往来の中、派手なフェアアイル柄ニットで小走りする男ひとり。。

 

ドライバーへの抜群のアピール、事故に遭遇する率はグッと下がった気がします。

 

 

とりとめのない書き出しで始まった本日の投稿、

この感じですと余計なことで紙面を埋めそうな気配なので(・・)、

さっさと本題に入っていきます。

 

 

 

 

 

FUJITO “Cable Knit Sweater”

Blog FUJITO “Cable Knit Sweater”

 

 

 

↑前回のブログでもお伝えしていました、“ニットウェアの充実”なトピック。

季節の進み具合も手伝い、当店内でも日増しに反響が増えています。

 

 

『ローゲージのニット、昨シーズンすこぶるご好評でした』

という話題に触れていましたが、その好評ぶりを牽引したのが

今回のリブニットセーター

 

昨年早々に姿を消していた事情も踏まえて、

新しく仲間入りした色バリがサックスということになります。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) クルーネック リブニット セーター(サックス)

 

 

 

 

ご紹介済みの「ケーブルニット セーター」のベースになっている手前、

共通したディテール・ヴィジュアルをご覧頂けます。

 

編み地を切り替えるアイデアの出発になった、リブニットセーター。

 

 

 

身頃=リブ&袖=天竺のコンビネーションは、ありそでなかった

提案というのが、評判の良さにつながっていると見ています。

 

シンプルな発想で最大限の効果を発揮した好例なのかと。

 

 

フィッシャーマンセーターが持つ野暮ったさ・朴訥感が

薄まっているのも、今の気分に相応しいんだと思っています。

 

 

 

 

 

FUJITO(フジト) クルーネック リブニット セーター(サックス)

 

 

 

 

個人的には必殺(?)のディテールだと思っている、

細リブと波編み」のコンビからなる襟元。

 

こういうちょっとした気配り・小気味良さ・気持ち良い転調感(?)こそ、

私的なハイライトだと思える部分。偉大なるワンクッション。

 

 

シェットランドウールの糸も、濃淡2色のものを撚ってますので、

自然な杢調=メランジな色合いも好感度アップ。

 

全3色のラインナップのうちでサックスを選ぶ辺りも、

私の気質をよく表している気がします。ブルーに目のない男。。

 

 

 

 

 

~ 5minutes Style ~ 「Yarmo “WORK COAT”」

~ 5minutes Style ~ 「Yarmo “WORK COAT”」

 

 

 

先立ってコーディネイトページに登場していますが、

当座こんな感じのインナー使いをご提案。

 

 

次回以降、アウターがチェスターコートに変わるだけの

スタイリングの可能性もありますので(・・)、

頻出厳禁ということで創意工夫に努める所存です。

 

 

 

 

FUJITOの自信作でリリースされた5ゲージのニットウェア、

クルーネック リブニット セーター」と「ケーブルニットセーター」。

 

 

スタイリングを見越した共通したボディ(シルエット・サイズ感)に、

あとはお好みで色or編み地をそれぞれ楽しむ、

シンプルながら魅力にあふれた仕上がりになっていると思います。

 

スマートなフィッシャーマンセーター”として、どうぞご覧になってみてください。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム