SAINT JAMES “OUESSANT HAZEL/ROSE DES BOIS”

2015.09.14 / アイテム

SAINT JAMES (セント ジェームス)OUESSANT ボーダーカットソー(杢ベージュ×ライトピンク)

SAINT JAMES “OUESSANT HAZEL/ROSE DES BOIS”

 

 

 

SAINT JAMESの「OUESSANT」、新色が届きました。

 

 

 

トップページからご覧頂いている方ですと、薄々気付かれている事と思います。

 

『なんか最近、色合いが暗いよね・・』ということを。

 

 

 

春夏に比べれば、秋冬入荷のアイテムはそこまではっきりとした

カラーリングが少ない為、鮮やかな彩りになりにくいのですが、

ここまでの入荷がグレー・ネイビー勢が大半を占めているため、

まぁ抑揚に乏しい体となっておりました。。

 

 

そんな状況に風穴を開けられるよう、

ウエッソンの到着ニュースが先方から入りましたので、

期待を胸に抱きつつ、お店で待つこと数日。

 

予想の斜め上?をいったアイテムの入荷に、心かき乱された次第です。

 

 

 

 

 

SAINT JAMES (セント ジェームス)OUESSANT ボーダーカットソー(杢ベージュ×ライトピンク)

 

 

 

 

ウエッソンに限らずですが、当店では私の気質を反映してか、

 

『①定番配色は控えめ ②オノブルーに通じる青多め ③限定色でグイグイと攻め

 

以上が過去の品揃えを振り返ると、はっきりと現れる傾向です。

 

 

 

今年に入ってから、自分でも若干ミスったか?と思えるほど、

手堅き青モノ信仰にいささか偏りがあるのに気が付きました。

 

となると他に得意な色ってアレだろうなーの直感に従い、

“ベージュ~ブラウン系”というのが頭に浮かびます。

 

 

あてにならない)私の内なる声、担当営業さんの(ゴリ推し)甘いレコメンドが

一致した結果が、今回の「杢ベージュ×ライトピンク」なはずです。

 

 

 

 

 

SAINT JAMES (セント ジェームス)OUESSANT ボーダーカットソー(杢ベージュ×ライトピンク)

 

 

 

 

フランス語の表記からしますと、

『森の中のヘーゼルナッツやバラ』

とでも直訳出来ますので、↑ご覧頂ける限り、そのような捉え方で間違いないかと。

 

 

ヘーゼルナッツは食用ばっかと思っていましたが、

榛(はしばみ)色とも言われ、英語圏での瞳の色に多い薄茶色に通じるんだとか。

 

『そういえば“ヘーゼル・アイ”って何かで読んだな』

 

ウィキペディアさまさまのウンチクです。

 

 

ただ先シーズンから顕著に見られていた、“キャメル~ブラウンのトレンド”が

今季もまだまだ継続中のようですので、悪い選択ではなかったと

今になって思ってもいます。

 

 

 

 

 

SAINT JAMES (セント ジェームス)OUESSANT ボーダーカットソー(杢ベージュ×ライトピンク)

 

 

 

 

駆け足でお送りしてきました、ウエッソンの新作。

 

 

ライトピンクで思い出しましたが、シップスの時にコレクションさせられた?

ボーダーカットソーの中に、ピンク色も混ざっていたような気がします。

 

ボーダニアンならではのコレクション熱かと思いきや、

意外なことに周りでも着ていた人間も少なからずいて、

へぇーと感心して眺めていました。

 

 

ピンクは肌の色を指していると考えると、

瞳の色を表わすヘーゼルも加わったとあれば、実は普段から目にしている

身体の一部に通じますので、決して不思議な組み合わせではないような。

 

そう考えてみると、今回の杢ベージュ×ライトピンク

益々親近感が沸くのを実感しています。

 

 

 

 

スタイリングページ、女性陣の着用イメージ等々はまた後日にて。

 

こういうショコラ系食べ物?を彷彿とさせる色合いが、

何かのCMに使われるかもしれないという淡い期待を掛けつつ、

まずはその様子をご覧になってみてください。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

CATEGORY: アイテム